読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コンさんが

レールに乗れたことがない!

自分から学ぼうとしている? 学ぶことってなんだろう?

f:id:sakfrf:20160702111359p:plain

私は人に教えることをしています。

過去記事では人に教えることで自分も学ぶことができるって

どっちかって言えばポジティブなことを書きました。

sakfrf.hatenablog.com

「人に教えることで理解が深まる」のは真実です。

ただ、今回はほぼ愚痴になっちゃいそうです。

日々Webに関することを教えていて、すべてを教えてもらおうという

姿勢の方に出会うと何だか残念な気持ちになっちゃったって話です。

新しいことに出会ったことで、何を感じ、 自分がどうしていきたいかは

自分が考え、動いていってほしい。

花屋ツトムさんが今の気持ちを絶妙なタイミングで記事にしていました。

hny.blkt.net

学ぶのは自分、教えてもらうことはあるけど、自分が何を学びたいのか

考えて取り組んでいくのも自分。

そこをわかっていない時点で残念だし、本当に学びたいって思っているのかってなります。

頑張ってほしいです。

最近読んだ本 「現場のプロが教えるWeb制作の最新常識[アップデート版]」

2016年の今のweb業界の状況がなんとなくわかった気がします。

今日は残りの人生の最初の日

f:id:sakfrf:20160620225134j:plain

自分の人生があとどのくらいあるのかは誰にもわからないことだ。

これまで生きてきた時間から、人生は思い通りにならない自分1人では動かせない重たい石のようなものであると、うっすらというかかなりくっきりと感じている。

成功することを強く求めすぎてしまい、失敗を恐れ、気づいたら時間だけが過ぎていたような人生だ。

そんなんじゃつまらないさ。 失敗も成功もしてないんだから。

少しずつ動いてみるんだ。

明日は今日とは違う何かを試してみよう。

今日は残りの人生の最初の1日なんだから。

まず出し Drake最高傑作!

これは今年のbestALBUM確定 ツボ過ぎて泣く

続きはあとで

結局行き着いたのはテキスト形式でDropboxに保存することだった

いきなりだが、このブログにアクセスする人のほとんどはこの記事を読んでいる。

sakfrf.hatenablog.com

クラウドと同期して様々な環境で利用できるメモ帳(日記アプリ)について書いた記事だ。

MaciPhoneで利用できる優秀な日記アプリ「Day One」に憧れる非Mac環境ユーザー向けである Google ChromeAndroidで利用できる対抗アプリである「Journey」について書いた。

色々模索しながら、行き着いたのはテキスト形式でDropboxで同期することだ。

昔からある誰もが考えつく方法に行き着いた。

テキスト形式のいいところ

  • txt(テキスト形式)はどんな環境でも利用できる
  • クラウドで同期すればどんな環境でも利用できる
  • どのアプリを使うか迷う必要はない
  • 写真だって貼り付けられる

Mac-テキストエディット(画像の貼り付け) | 初心者のためのOffice講座

PCやMacではOS標準のメモ帳やテキストエディットを使用し、androidでは「Plain.txt Dropbox notes」を利用している。

play.google.com

使うアプリを変えるごとにデータ移動などの手間を考えれば、素のテキストデータのまま保管しておく方が扱いは楽でもある。

しばらくこの方法でメモを残していこうと思う。

人に教えることは自分を助けることを実感

ブログを辞めた理由、再開する理由を書いたところで誰にとっても意味を感じないので書かないことにする。

裏の話は書くのはやめました

今日は自分の現在の話だ。 大した内容でもないのに書きたい気持ちになった。

私は「講師」という役割を日々演じている。

くそつまんないことをいちいち説明しなきゃいけないこともあるし、自分のそのくそつまんない話を聞かされている人のことを思えば 申し訳ない気持ちになることもある。

やりがいらしきものを感じることも少ない。

唯一ありがたいと感じていることは、

「質問に答えることで自分の理解が深まること」だ。

自分の伝え方ではうまくいかなくて他の伝え方を探したり、日々しどろもどろになりながらもなんとかやっている。

そのためだけに続けているのだろうと考えている。

自分の理解が足りないことを人に説明するのは簡単ではない。

人に教えることで自分の理解を深めている。

以前どっかで同じことを書かれている記事を読んだ気がするが、自分がそういう状況になってみて、真の意味で実感できている。

なにごとも自分が体験してみて初めて実感できるものだ。